ドライバーの求人の種類

人を運ぶドライバー職

ドライバーは人や物を乗せて、目的地まで運ぶ仕事です。人を乗せて運ぶドライバー職で、代表的なものはタクシードライバーやバスの運転手が挙げられます。タクシードライバーは街中を流して利用者を見つけたり、会社からの無線指示によって指定された場所まで利用者を迎えに行きます。タクシーを運転するには第二種運転免許が必要です。

バス運転手は決められた路線を走り、停留所で待っている利用者をバスに乗せて運びます。バスの種類は一つではなく、街中を走る路線バスの他に、遠距離を走る高速バスや夜行バス、各地の名所を巡る観光バスなどがあります。タクシーとは違い、決められた時間に決められたルートを走るのが特徴です。バスを運転するには大型二種免許の取得が必要になります。

タクシードライバーやバスの運転手の他に、送迎ドライバーというものもあります。タクシーやバスが不特定多数の利用者を運ぶのに対し、送迎ドライバーはあらかじめ契約している固定客が利用対象者です。送迎には個人所有の普通自動車が用いられることも多く、タクシーやバスのように特別な免許は必要ありません。そのため、基本的には普通自動車免許を所持していれば誰でもなることができます。

物を運ぶドライバー職

物を運ぶドライバー職で代表なものはトラックドライバーです。ただひとくちにトラックドライバーと言っても、運転するトラックの大きさによって仕事内容には微妙な違いがあります。小型トラックであれば、決まったルートを走るルート配送や、個人宅への宅配業務などが主な仕事内容です。小型トラックは普通自動車免許や準中型免許を持っていれば運転できます。

中型トラックは主要都市のセンター間配送が主な仕事です。走行距離は小型トラックよりも長くなる傾向にあり、運転には中型免許の取得が必要になります。大型トラックはエリア間配送や長距離配送が主な仕事です。小型・中型トラックは基本的に当日中に仕事を終えることができますが、長距離配送にも対応する大型トラックは一週間程度時間が掛かることもあります。運転には大型免許が必要です。また、中型・大型トラックのドライバーは荷物を自分で降ろす場合があるので、リフト免許が必要な場合もあります。

トレーラードライバーも物を運ぶドライバー職です。物を運ぶという点においてトラックドライバーとの違いはあまりありませんが、運搬方法に大きな違いがあります。トラックが車両に荷物を積み込むのに対し、トレーラーは荷物を積み込んだ荷台を車両で牽引します。運転するためには大型免許と牽引免許が必要です。作業内容によっては玉掛けなどの作業資格が必要になることもあります。

求職者は就業時間や給与面だけでなく、会社自体が信頼できるかどうか?長く働き続けることができるかどうか?などの安定性も見ています。ドライバーの募集では、会社の実績や働きやすさやなどのアピールも大切です。

© Copyright Types Of Jobs. All Rights Reserved.