ドライバーの求人の魅力とは

業務に必要な免許を持っていれば未経験でも採用されやすい

ドライバー求人は、業務に必要な免許を持っていれば未経験でも採用されやすく、入社後の研修や日々の乗務を通じて運転技術を磨けるという魅力があります。たとえば、ルート配送などの軽トラックや中型車を使用して業務を担当するドライバーは、ルーティンワークが中心となるため、体力にそれほど自信がない人や、子育て中の人も安心して仕事に取り組むことが可能です。最近では、大手の運送会社を中心に正社員や契約社員、パートなど様々な雇用形態のドライバー求人の募集をしているところが多くあり、勤務時間や仕事内容などを吟味しながら自分に合った働き方を選びやすい状況となっています。

また、ドライバーの人数が不足している運送会社の中には、遠方から就職をする人を対象に入社祝い金を支給したり、社員寮を提供したりしているところもあります。そうした中、未経験者が働きがいのあるドライバー求人を選ぶには、運送業界の求人数が多い転職サイトに登録をしたり、各地で評判が良い人材紹介会社に相談をしたりすることがおすすめです。なお、就職後に不安なく業務をこなすには、研修期間中に先輩のドライバーに同乗してもらえるところや、初心者でも覚えやすい業務を任せてもらえるところを職場に選ぶことが大切です。

大型トラックのドライバーは定年まで安定収入を得ることが可能

運送会社の大型トラックのドライバーの仕事は、日によって労働時間が不規則になったり、重い荷物の積み込みや引き渡しなどの作業が多くなったりしますが、定年まで安定収入を得られるという利点があります。また、ドライバーの実務経験を積むことで、運行管理者へのキャリアチェンジや、自分で新しく運送会社を立ち上げることも可能です。大型トラックのドライバーの定着率アップを目標としている運送会社の中には、経験者を対象に基本給を高めに設定したり、年間のボーナスの支給回数を増やしたりしているところも少なくありません。

そうした中、待遇にこだわって大型トラックのドライバーの求人に応募をしたい場合には、運送業界の転職希望者を対象とした就職セミナーに参加をしたり、求人募集中の企業に直接問い合わせたりするのがおすすめです。一般的に、大型トラックのドライバーとして就職をするためには、大型二種免許の取得が必要となりますが、会社によっては若手の新入社員に免許取得までの費用を支給しているところもあります。そこで、少しでも大型トラックのドライバーの仕事に関心があれば、未経験者からベテランまで幅広く採用している運送会社の求人情報を早めに調べ始めることが大切です。

運送業の求人では、遠方に行ったり、出張があるのかどうかについて、事前に会社に確認しておくことが必要です。

© Copyright Types Of Jobs. All Rights Reserved.