ワークスタイルに応じた種類の選び方

残業がないタクシーやバスのドライバードライバー

ドライバーと一言でいっても様々な職種があります。同じドライバーでも自分のスキルやワークバランスの応じて選ぶことができるのもドライバー職の魅力です。家族との時間を大事にしたいなどワークタイムバランスを重きを置いたドライバーを探しているのであればタクシーやバスの運転手がおすすめです。ドライバーの過労が問題となり、昨今のバスやタクシーの業界では残業を一切させない方向性が強く、ワークタイムバランスをとることができます。バスもタクシーも24時間稼働している業界であるため、日勤と夜勤があり生活リズムを合わせるのが大変ですが、しっかりと休日を確保できるのもバスやタクシードライバーの魅力の一つです。

どちらも乗客を輸送するのが業務目的であるため、人とのコミュニケーションをとることができる職種です。もちろん人の命を預かって輸送するという最も大事な使命こそあり、気疲れしてしまう局面もありますが、人との触れあいを通じてやりがいを持てる仕事でもあります。バスは決まった経路を時間通りに走らなくてはならないというプレッシャーがあり、繊細な運転が必要など大変な面もありますが、地域に愛着を持って仕事に臨める利点もあります。タクシーはノルマがある事や乗客リスクなど厳しい一面も持ち合わせていますが、マイペースで仕事ができゆとりもある程度は確保できます。

自分一人の時間を満喫できるトラックドライバー

人間関係に悩まされたくないと考えている人はトラックドライバーがおすすめです。人ではなく荷物を運んでいるため常に一人の時間を満喫できる醍醐味があります。トラックドライバーには長距離から近距離まで様々なスタイルが存在しますが、何時間も一人でいることができるのが長距離ドライバーです。荷主が指定した時間までに荷物を届けなくてはならないというプレッシャーがあったり、同じ姿勢を何時間も続けるため知らぬ間に疲労が蓄積したり、一日の拘束時間が極端に長いなどのデメリットもありますが、自分のペースで仕事ができるのが一番の魅力です。

何時間も一人でいるのは心細い、さみしいと感じる人は中距離や近距離のトラックドライバーがおすすめです。荷物を頻繁に出し入れするため肉体的な疲労もつきまといますが、一定時間毎に人とのコミュニケーションを取ることができるため、一人の時間と触れあう時間をバランスよく取り入れることができます。

トラック輸送は日本の貨物の主流です。どこの物流会社や運送会社でもトラックドライバー不足に悩まされており、求人数も多いのが特徴です。求人の種類も豊富であるため、自分のワークバランスと照らし合わせた求人を探す事もできるのが魅力です。

ドライバーの転職をする時は年齢を確かめ、職場に貢献できるよう最適なタイミングを決める必要があります。

© Copyright Types Of Jobs. All Rights Reserved.